2017年10月16日月曜日

「FME Server デモ」サイトを開設しました

2017-10-16発信

FME Server (および、その管理下にあるFME=データ変換エンジン) をバックエンドシステムとして利用したウェブアプリケーションサンプルの公開を始めましたので、お知らせします。

FME Server デモ (デモ用の FME Server は、原則として毎週月曜日の 10:00 ~ 16:00 の間、稼働させます)
http://www.pragmatica.jp/fme/fmeserver-demos/

■ 国土数値情報「土地利用細分メッシュデータ」URLの取得と表示
国土数値情報 Web API (試行版) を利用して1次メッシュ区画ごとに「土地利用細分メッシュデータ」ダウンロードファイルのURLを取得し、地図上に当該URLの情報を持った1次メッシュ区画(矩形ポリゴン)を表示します。

■ 基盤地図情報DEMのラスター変換
国土地理院 基盤地図情報ダウンロードサービスサイトで提供されている数値標高モデル(DEM)データ(XML形式, zip圧縮)をラスターデータに変換します。

■ Hi-net自動処理震源リストの図化
防災科学技術研究所サイト「Hi-net自動処理震源リスト」ページで公開されている前日、当日の震源リストに基づき、震源情報(震源座標を中心とする円)を地図上に表示します。

■ e-Stat API による統計表データの取得と変換
e-Stat (政府統計の総合窓口) の API 機能を利用して「労働力調査 基本集計 全国 月次 就業状態別15歳以上人口」統計表データ(XML形式)を取得し、HTMLテーブルに変換して表示します。また、同じ統計表をExcelブックに変換し、ダウンロード可能にします。

----------

今後も、さまざまな利用パターンのサンプルを追加していきたいと考えています。
ご意見、ご要望などがありましたら是非、お知らせください。

2017年10月4日水曜日

FME 2017.1.1 リリース, 日本語言語パック更新

2017-10-04配信

1. FME 2017.1.1 リリース

FMEの最新バージョン FME 2017.1.1 (build 17650) がリリースされました。
製品版ライセンスの年間保守を継続している方、評価版またはホームユースライセンスの有効期間内の方は、次のページからインストーラーをダウンロードし、アップグレードできます。
FME Downloads
http://www.safe.com/support/support-resources/fme-downloads/
※インストール先フォルダを別にすることによって、1台のマシンで複数のバージョンの FME Desktop を同時に利用することもできます。

==========
2. FME Desktop 2017.1 日本語言語パック更新

前回お知らせした FME Desktop 2017.1 対応の日本語言語パックを更新しました。FME 2017.1.0 および今回リリースされた FME 2017.1.1 のどちらにも適用できます。
次のページからダウンロードしてご利用ください。
FMEサポート
http://www.pragmatica.jp/fme/support.html
※日本語言語パックをダウンロードするには、本メール本文の後に記載しているユーザー名、パスワードによる認証が必要です。

2017年9月26日火曜日

FME Desktop 2017.1 日本語言語パックの配布開始 ほか

2017-09-26配信

★★★ 予告: 近日中に FME 2017.1.1 がリリースされる予定です ★★★

==========
1. FME Desktop 2017.1 日本語言語パックの配布開始

当社ウェブサイト FME サポートページにおいて、FME Desktop 2017.1 (build 17539 以降) 対応版の日本語言語パックの配布を始めましたので、お知らせします。

FMEサポート
http://www.pragmatica.jp/fme/support.html
※日本語言語パックをダウンロードするには、本メール本文の後に記載しているユーザー名、パスワードによる認証が必要です。

この言語パックをインストールすることによって日本語化される部分は、次のとおりです。

(1) FME Workbench の主画面、ワークスペースの作成・実行に関する各種設定・操作用の画面
(2) FME Data Inspector の主画面、データ検査に関する各種設定・操作用の画面
(3) FME Quick Translator の主画面、データ変換に関する各種設定・操作用の画面
(4) 標準トランスフォーマーのパラメーター設定画面

詳しくはダウンロードファイルに含まれる使用説明 (*.txt) をご参照ください。

FME のバージョンアップにあわせて、より分かり易く、より使い易くするための改善をしていく方針です。
改善に向けてのご意見等をお寄せいただければ幸いです。

==========
2. FMEユーザー事例追加

当社ウェブサイト「FMEユーザー事例」コーナーに、事例を1件追加しました(2017-08-18掲載)。

FMEユーザー事例:
http://www.pragmatica.jp/fme/users.html

■ ボーリング柱状図XMLのインポート - ArcGIS Data Interoperabirity による Spatial ETL ツールの作成
http://www.pragmatica.jp/fme/users/17003.html

今後も引き続き、事例を追加していきたいと考えています。
上記ページで公開しても差し支えないFME利用事例がありましたら、お知らせくださるようお願いいたします。

2017年8月2日水曜日

FME 2017.1 リリース ほか

2017-08-02配信

1. FME 2017.1 リリース

FMEの最新バージョン FME 2017.1 (build 17539) がリリースされました。
製品版ライセンスの年間保守を継続している方、評価版またはホームユースライセンスの有効期間内の方は、次のページからインストーラーをダウンロードし、アップグレードできます。
FME Downloads
http://www.safe.com/support/support-resources/fme-downloads/
※インストール先フォルダを別にすることによって、1台のマシンで複数のバージョンのFMEを同時に利用することもできます。

■ FME 2017.1 対応の日本語言語パックについて
FME 2017.1 対応の日本語言語パックは、9月中の公開を目途に用意する計画です。利用可能になった時点で、改めてお知らせします。
当社サポートサイトで公開している FME 2017.0 対応版を FME 2017.1 に適用することもできます。
ただし、2017.1 で新たに追加・更新された機能に関しては、日本語化されない部分があることにご留意ください。
FMEサポート
http://www.pragmatica.jp/fme/support.html

==========
2. FME Hub: JpKsjVectorReader 更新

前回お知らせした国土数値情報(GML)対応カスタムトランスフォーマー "JpKsjVectorReader" を更新しました。更新内容については次の記事に追記しましたので、ご参照ください。

■ FMEケーススタディ | 国土数値情報ベクターデータ(GML)の読込
http://fme-casestudy.blogspot.com/2017/07/gml.html

2017年7月31日月曜日

国土数値情報(GML)対応カスタムトランスフォーマー公開 ほか

2017-07-31配信

★★★ 予告: 近日中に FME 2017.1 がリリースされる予定です ★★★

==========
1. 国土数値情報(GML)対応カスタムトランスフォーマー公開

国土数値情報のベクターデータ(GML形式)の読込処理をにワークスペースに組み込むためのカスタムトランスフォーマー JpKsjVectorReader を FME Hub で公開しました。

■ FME Hub | JpKsjVectorReader
https://hub.safe.com/transformers/jpksjvectorreader

また、これとあわせて、このカスタムトランスフォーマーの基本的な使用方法に関して次の記事を掲載しました。

■ FMEケーススタディ | 国土数値情報ベクターデータ(GML)の読込
http://fme-casestudy.blogspot.com/2017/07/gml.html

JpKsjVectorReader を使うことにより、従来よりも簡単に、GML形式の国土数値情報データ(ベクター)を変換するためのワークスペースが作成できます。
国土数値情報を利用する機会がありましたら是非、このトランスフォーマーをご活用ください。

==========
2. FMEユーザー事例追加

当社ウェブサイト「FMEユーザー事例」に、事例を1件を追加しました。

■ FMEユーザー事例:
http://www.pragmatica.jp/fme/users.html

今後も引き続き、事例を追加していきたいと考えています。上記ページで公開しても差し支えないFME利用事例がありましたら、お知らせくださるようお願いいたします。

==========
3. FMEケーススタディより

前述の「国土数値情報ベクターデータ(GML)の読込」のほかに、最近公開した記事を紹介いたします。

■ 複数のExcel単票から一覧表への変換
印刷用の書式で整えられた多数の単票(四半期ごとの調査結果)から、時系列による一覧表に変換
http://fme-casestudy.blogspot.com/2017/07/excel.html

■ 歩行空間ネットワークのジオメトリ作成
CSVで記述されたノード情報とリンク情報(ノード間の接続に関する情報)に基づくネットワークデータの作成
http://fme-casestudy.blogspot.com/2017/07/blog-post.html

2017年6月28日水曜日

FMEユーザー事例コーナー開設 ほか

2017-06-28発信

1. FMEユーザー事例コーナー開設

当社ウェブサイトに「FMEユーザー事例」コーナーを設け、事例1件を掲載しました。

FMEユーザー事例:
http://www.pragmatica.jp/fme/users.html

今後、事例を追加していきたいと考えています。このコーナーで公開して差し支えないFME利用例がありましたら、是非、お知らせください。

==========
2. FME国際ユーザーカンファレンス 2017 プレゼンテーション公開

前回、FME国際ユーザーカンファレンス 2017 (FME International User Conference 2017, 2017年5月24~26日) の開催結果について速報としてお知らせしたところですが、Safe Software ウェブサイトで全てのプレゼンテーションのビデオが公開されましたので、お知らせします。

次のページの "Filter Search" フィールドをクリックして "Events / FME International User Conference 2017" を選択すると、今回のカンファレンスのプレゼンテーションのみが抽出され、さらに、"Search for Presentations" に関心のある単語 (例えば "XML") を入力して Enter キーを押し下げると、関連するタイトルに絞り込むことができます。

FME Presentation Gallery:
https://www.safe.com/presentations/

なお、同カンファレンスにおいて、当社代表 飯嶋 (Takashi Iijima) が "FME Community Champion Award" を受賞しましたことを報告いたします。

Awards in FME Excellence:
https://www.safe.com/presentation/awards-in-fme-excellence/

==========
3. FMEケーススタディより

最近公開した記事を紹介いたします。

■ 統計ダッシュボードAPIによるデータ取得
「統計ダッシュボード」(総務省統計局)のAPIを利用したデータ取得の実験
http://fme-casestudy.blogspot.com/2017/05/api.html

■ 土地利用細分メッシュ (ラスター) データセットの作成
「国土数値情報API (試行版)」を利用して土地利用細分メッシュデータ(全国分)のダウンロードから変換までを自動化
http://fme-casestudy.blogspot.com/2017/06/blog-post.html

■ 既存ファイルのZip圧縮・アーカイブ
ディスクシステムに保存されている多数のファイルを一定のルールでZip圧縮・アーカイブする工程を自動化
http://fme-casestudy.blogspot.com/2017/06/zip.html

2017年5月29日月曜日

FME国際ユーザーカンファレンス 2017 [速報] ほか

2017-05-29発信

1. FME国際ユーザーカンファレンス 2017 [速報]

5月24日~26日の3日間、バンクーバー (カナダ) で「FME国際ユーザーカンファレンス2017」(FME UC 2017, Safe Software 主催) が開催されました。
FMEユーザーによるFME利用事例のプレゼンテーション、FME 2017 の新機能や FME 2018 以降に向けての開発方針の紹介など100以上のセッションがあり、400名を超える参加者によってFMEを活用したプロジェクトやビジネスモデルに関して活発な意見・情報交換が行われました。

近日中に、全セッションのスライド・ビデオを含む詳細が Safe Software ウェブサイトで公開される予定です。
それらが準備できた時点で改めてお知らせします。

==========
2. FME Desktop ホームユースライセンス (Home Use License for FME Desktop)

FME UC 2017 で発表された新しいFMEライセンス形態「FME Desktop ホームユースライセンス」(Home Use License for FME Desktop) について、Q&A形式でお知らせします。

Q. ホームユースラインセンスとは?
A. 個人用のパソコンでFMEを使ってデータ変換のスキルアップをしたい、あるいは単にFMEを楽しみたいといった非商用目的に限り、無償で FME Desktop が利用できるライセンスです。

Q. ホームユースライセンスの取得方法は?
A. 次のウェブページで氏名等の必要事項を入力のうえ、[Apply Now] ボタンをクリックして Safe Software に直接お申し込みください。
https://www.safe.com/fme/fme-desktop/home-use-license/
- First Name: 名 (ローマ字)
- Last Name: 姓 (ローマ字)
- Email Address: メールアドレス
- Company: 所属先会社、団体等の名称 (英語表記)
- What do you plan on doing with your license?: ホームユースライセンスによって何をしたいかをご記入ください (非商用目的に限ります)。

Q. ホームユースラインセンスのインストール方法は?
A. 上記ウェブページからのお申し込み時に記入したメールアドレスあてに、ライセンスのインストール方法等に関する情報を記載したメールが送信されますので、そちらをご参照ください。ライセンスのインストール方法についてご不明な点がありましたら、Safe Software または当社にお問い合わせください。

Q. ホームユースラインセンスの有効期間は?
A. ホームユースラインセンスには有効期間 (最長1年間) が設定されますが、必要に応じて更新できます。更新手続きについてご不明な点がありましたら、Safe Software または当社にお問い合わせください。

注: FME Desktop ホームユースライセンスは、FMEの非製品版ライセンス (Non-Production License) の一形態です。ホームユースラインセンスにはFMEソフトウェア利用規約の次の条項が適用され、商用目的では利用できないことにご注意ください。
----------
IF THE SOFTWARE IS LICENSED UNDER AN ACADEMIC, DEMONSTRATION, EVALUATION, HOME USE, RESEARCH, OR TRAINING LICENSE (each, a "Non-Production License"), this paragraph also applies to your use of the Software and Related Materials. The term for Non-Production Licenses may be limited. Non-Production Licenses cannot be, by any means, licensed, transferred, sold, or otherwise used for any production or commercial purpose. Non-Production Licenses are to be used solely for the purposes of education, research, demonstrations, evaluations, proof of concepts, and prototypes.
----------

==========
3. FME 2017.0 アップデート

FME 2017.0 公式リリース版が更新されましたので、お知らせします。
更新後のバージョン: FME 2017.0.1.1 build 17291

製品版ライセンスの年間保守を継続されている方、および、非製品版ライセンス (評価版、ホームユース等) の有効期間内の方は、次のページからインストーラーをダウンロードし、アップグレードできます。

FME Downloads
http://www.safe.com/support/support-resources/fme-downloads/
※インストール先フォルダを別にすることによって、1台のマシンで複数のバージョンのFMEを同時に利用することもできます。